巨人先発の桜井が炎上…広島の鈴木誠に被弾など3回持たず5失点で降板

2020年8月2日 15時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
降板した巨人・桜井

降板した巨人・桜井

  • 降板した巨人・桜井

◇2日 巨人ー広島(東京ドーム)

 巨人の先発桜井俊貴投手(26)が2イニング1/3を投げ、7安打、5失点でKOされた。この日は1回に鈴木誠の左越え2ランで先制を許すと、2回には西川に適時打を浴び追加点を奪われた。3回は1死から堂林、坂倉に連続安打を浴び、二、三塁とされたところで原監督がベンチから飛び出し、球審に投手交代を告げた。2番手でマウンドに上がった大江が2死から遠藤に中前2点適時打を食らい、失点は5になった。
 桜井は「先発として長いイニングを投げることができずに、中継ぎの方に迷惑をかけてしまいました。次回は試合を作れるようにしたい」とコメントした。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ