本文へ移動

プロ注目の中京・元が決勝へ導く特大弾!西武・渡辺久信GM「体幹が強い」大会後に志望届提出へ

2020年8月2日 12時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回に本塁打を放った中京の元は8回にも右前に安打を放つ=1日、土岐市総合公園野球場で

6回に本塁打を放った中京の元は8回にも右前に安打を放つ=1日、土岐市総合公園野球場で

◇1日 岐阜県高校野球準決勝 中京7ー0大垣北(土岐市総合)

 夏季岐阜県高校野球大会は1日、準決勝が行われ、昨夏甲子園4強の中京が、今秋ドラフト候補の元謙太(げん・けんだい、3年)の本塁打などで大垣北に7―0で快勝し、決勝に進んだ。
 プロ注目の中京・元が驚弾を放った。1ー0の6回、高校生離れした放物線を描いた打球が、左中間最深部の芝生席上段で弾む。「この1年で体重が10キロくらい増え、70~80%くらいの力でも打球が飛んでいく」と自信を口にする通りの圧巻の飛距離。高校通算13号に、もう十分とばかりに帰り支度を始めた西武・渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は「初めて見たけど、ツボにはまれば飛ばすね。体幹が強い」とうなずいた。
 守りでも魅了した。7回、三塁手の頭上を越える安打性の小飛球を遊撃手の元が横っ跳びでスーパーキャッチ。「捕手が内角に構えていた。右打者だったので(三遊間への打球を予測し)一歩踏み出していた」。高い野球センスと身体能力。憧れの存在に挙げる巨人・坂本ばりの攻守での奮闘で、チームを決勝へ導いた。
 この日からプロ志望届の受け付けが始まった。「この大会が終わって、気持ちの整理がついたら出そうと思っています」とプロ入りを目指す意向。身長186センチの大型内野手が、大きな夢に少しずつ近づいている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ