【与田語録】6回のvs村上「きょうの勝野だったら大丈夫だという思いで見ていた」

2020年8月2日 10時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回表2死三塁、勝野が村上を空振り三振に仕留める

6回表2死三塁、勝野が村上を空振り三振に仕留める

  • 6回表2死三塁、勝野が村上を空振り三振に仕留める

◇1日 中日3-1ヤクルト(ナゴヤドーム)


 ▼勝野が今季初勝利 きょうは勝野がよく投げてくれた。8回で降板することになったが、何とか勝ち投手に、という点をよく取ってくれた
 ▼空振りを多く奪えた 投げ急いでしまうとどうしても打者はタイミングが取りやすくなる。そこにちょっとした時間ができることで、タイミングを少しずらすことができたんじゃないかな
 ▼同点の6回2死三塁で村上と勝負し、三振に 次の1点を取られたくないところなので、勝負をどうするかとかいろいろなことを考える場面だけど、きょうの勝野だったら大丈夫だという思いで見ていた
 ▼アリエルも好リード バッテリーも(何度も)組んでいたし、勝野の特徴をよく理解した上で、甘いボールが来たらしきりに注意していた
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ