コロナ厳重警戒、ツインアーチ138がオレンジ色に

2020年8月2日 05時00分 (8月2日 10時34分更新) 会員限定
オレンジ色にライトアップされたツインアーチ138=岐阜県各務原市川島渡町で

オレンジ色にライトアップされたツインアーチ138=岐阜県各務原市川島渡町で

  • オレンジ色にライトアップされたツインアーチ138=岐阜県各務原市川島渡町で
 一宮市は新型コロナウイルス感染者の急増を受け、市民に警戒を呼び掛けようと、同市光明寺のツインアーチ138をオレンジ色にライトアップした。
 県が七月末に定めた新型コロナ対策の四段階の指標に基づき、県や名古屋市が名古屋テレビ塔などをライトアップしているのに合わせて実施。現在は上から二番目に厳しい「厳重警戒」を示すオレンジ色の光がともるが、感染状況に応じて黄色や緑色に変わる。点灯は毎日午後七〜九時半。
 市はまた、尾張一宮駅前ビル一階のエスカレーター側面と市観光案内所に、感染状況を知らせる情報コーナーを設置。一宮、名古屋両市、県全体の感染者数を毎日掲示する。どちらの啓発も当面の間続ける。 (下條大樹)

関連キーワード

PR情報