J1名古屋・青木亮太、大けが乗り越え630日ぶりリーグ戦出場 後半途中からピッチに立ちシュートで沸かせた

2020年8月2日 00時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
柏に敗れ、肩を落とす名古屋イレブン。青木は右から3人目

柏に敗れ、肩を落とす名古屋イレブン。青木は右から3人目

  • 柏に敗れ、肩を落とす名古屋イレブン。青木は右から3人目

◇1日 J1第8節 名古屋0―1柏(豊田スタジアム)


 大けがを乗り越えたMF青木亮太(24)が2018年11月10日以来、630日ぶりにリーグ戦出場。後半29分にFWマテウスに代わってピッチに立ち、3分後にはゴール正面からミドルシュートを放つなど沸かせた。18年末の自主トレ期間に左膝半月板を損傷するなど、度重なるけがで昨季は1年間を棒に振った。シュートタッチを武器とする生え抜きの7年目が、完全復活への第一歩を刻んだ。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ