コスプレ、ネットで輪 名古屋、世界サミット開幕

2020年8月2日 05時00分 (8月2日 05時01分更新) 会員限定
「世界コスプレサミット」で、開幕宣言する名古屋市の河村たかし市長(左から3人目)ら=1日午後、名古屋市中区の市公館で

「世界コスプレサミット」で、開幕宣言する名古屋市の河村たかし市長(左から3人目)ら=1日午後、名古屋市中区の市公館で

  • 「世界コスプレサミット」で、開幕宣言する名古屋市の河村たかし市長(左から3人目)ら=1日午後、名古屋市中区の市公館で
 毎年三十万人以上の愛好家が名古屋に集まる「世界コスプレサミット」(愛知県、名古屋市などでつくる実行委員会主催)の開幕式が一日、名古屋市公館(中区)であった。
 今年は新型コロナウイルスの影響で、例年行っている市内でのパレードなどを中止し、動画を配信するオンライン開催となる。一日から二日間の日程。
 開幕式の冒頭に、実行委員長の小栗徳丸さん(52)が「コロナで苦しいが、この場所を守り続けなければならない。名古屋から明るいエネルギーを届けたい」とあいさつ。会場と世界中の参加者をビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」でつなぎ、開幕宣言をした。
 人気漫画「鬼滅の刃」に登場する剣士に扮(ふん)した名古屋市の河村たかし市長は、「名古屋の良さを世界中に伝えたい。来年こそはリアルで」と話した。
 サミットでは、インターネットを通じてメークの過程を動画で紹介したり、声優のトークライブを開いたりして、愛好者が交流する。
PR情報

新型コロナ(ニュース)の最新ニュース

記事一覧