中日、ヤリエル・ロドリゲスと支配下契約へ ウエスタン5試合で防御率0.51 仁村2軍監督「1軍で十分いける」

2020年8月2日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日・ロドリゲス

中日・ロドリゲス

  • 中日・ロドリゲス
 中日が育成のヤリエル・ロドリゲス投手(23)と近日中に支配下契約を結ぶ方針を固めた。ロドリゲスは21日、ウエスタン・リーグの広島戦で6回途中まで2安打無失点と好投。同リーグ登板5試合のトータルを17イニング2/3で失点1、防御率0・51としていた。
 この日は最速153キロの速球を軸に、切れのあるスライダーなどの変化球を織り交ぜ、相手を翻弄(ほんろう)した。
 「右打者の内角をしっかり投げ切るというのをテーマに、ブルペンの投球練習通りにできたと思う」とロドリゲス。仁村2軍監督は「きょうぐらいの投球だったら十分1軍でできる」と太鼓判を押した。
 最速155キロの右腕は昨年の「プレミア12」にはキューバ代表として出場。来日1年目の今季は先発、救援の両方をこなし、2軍戦の5試合のうち2試合はリリーフで登板した。先発ローテ、ブルペン両方の強化で期待がかかる。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ