ベスト8出そろう <高校野球・三重>

2020年8月2日 05時00分 (8月2日 05時00分更新) 会員限定
試合中に声を張り上げる海星の村田主将=県営松阪球場で

試合中に声を張り上げる海星の村田主将=県営松阪球場で

  • 試合中に声を張り上げる海星の村田主将=県営松阪球場で
 県高校野球夏季大会は1日、県内2球場で3回戦7試合があり、ベスト8が出そろった。
 県営松阪球場では、松阪商が昨夏準Vの海星を退けた。ダイムスタジアム伊勢では昨夏4強の宇治山田商が四日市南に敗れ、ベスト16で姿を消した。同じく昨夏4強の菰野は津工を打撃で圧倒し、準々決勝に駒を進めた。
 2日は、ベスト4を懸けた準々決勝4試合が2球場で行われる。

手首骨折も闘志 最後まで 海星・村田主将

 「甲子園に行けなくても、一番を目指していた」。昨夏準優勝の海星を率いた村田拓也主将(三年)は、試合後に肩をふるわせた。
 森下晃理監督は「個の力はなく、史上最弱のチーム」と評した。あえて突き放したような厳しい言葉を、村田主将は「本当のことだ」と受け止め、仲間と努力を重ねた。チームなら勝てることを証明しようとした。
 最後の舞台として用意された県高校野球夏季大会。初戦の二日前、練習を終えた帰宅途中に交通事故に遭い、利き手の右手首を骨折した。
 通常なら出場は絶望的な事態。だが、「起こって...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報