感染4人、名古屋由来か 三重県内で最多11人

2020年8月2日 05時00分 (8月2日 05時01分更新) 会員限定
 県内では一日、新たに十〜七十代の男女十一人の新型コロナウイルスへの感染が確認され、一日あたりでは最多を更新した。少なくとも四人が名古屋由来とみられる。県内での感染確認はクルーズ船の乗客を含めて百十一人となった。 (渡辺雄紀)
 四日市市では六人が感染。市内の各種学校に通う十代女性は、七月二十一、二十三日に市内の体操教室に参加した。この教室の感染者は四人となった。
 同市の五十代女性は、二十九日に感染が判明した二十代女性の家族。同市の五十代男性は、二十二〜二十五日に関東地方で催された剣道愛好家らの旅行に参加。二十七日に参加者から陽性判明者が出たと連絡を受け自宅待機していた。
 同市の二十代男性は二十〜二十二日に名古屋市内で会社の研修に参加。ここで複数の感染者が出ているという。
 もう一人の二十代男性の感染経路は不明で、市は会社関係者十六人を濃厚接触者として検査する。県内の飲食店に勤める二十代の女性も感染経路は不明という。
 鈴鹿市の自営業の三十代男性は、十六〜二十六日に愛知、岐阜両県で仕事をしていた。二十七日に発熱し...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報

新型コロナ(ニュース)の最新ニュース

記事一覧