高島ちぢみの技術、マスクに 綿素材ブランド「ビワコットン」

2020年5月26日 02時00分 (5月27日 04時10分更新) 会員限定

綿100%のビワコットで、清涼感ある着け心地を実現=ブランド提供

「高島ちぢみ」を活かしたビワコットン製のマスク=ブランド提供

 軽くて快適な地元古来の清涼素材として、すててこなどに使われてきた「高島ちぢみ」の技術をもとに開発された綿素材ブランド「ビワコットン」が、その特徴を生かしたマスクの生産を始めている。すでに予約を受け付けており、六月から順次発送する予定。
 ビワコットンは二〇一七年春、Tシャツのブランドとして、カイタックファミリー(岡山市)が、老舗機屋「杉岡織布」(高島市新旭町)の協力を受けて立ち上げた。江戸時代から高島市に伝わり、部屋着として親しまれてきた高島ちぢみ。その伝統を、若者にも受け継いでもらおうと進化させた、綿100%の心地よさが好評を博している。
 マスクの開発は、新型コロナウイルス感染症が拡大し、今後も新しい生活様式が求められていることから「より着け心地の良い素材のマスクの需要が高まるのでは」と始めた。素材を活かし、清涼感ある着け心地と、高い伸縮性によるフィット感を実現したという。マスクに重...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報