大垣日大、中京が決勝の舞台へ <高校野球・岐阜>

2020年8月2日 05時00分 (8月2日 05時00分更新) 会員限定
大垣日大−岐阜第一 7回表1死、左越え本塁打を放つ大垣日大の森選手=土岐市総合公園野球場で

大垣日大−岐阜第一 7回表1死、左越え本塁打を放つ大垣日大の森選手=土岐市総合公園野球場で

  • 大垣日大−岐阜第一 7回表1死、左越え本塁打を放つ大垣日大の森選手=土岐市総合公園野球場で
  • 8回裏岐阜第一2死二塁、左中間本塁打を放った柴崎投手(右)=土岐市総合公園野球場で
  • 中京−大垣北 完封勝利を収めた中京の小田投手=土岐市総合公園野球場で
  • 中京−大垣北 粘りの投球を見せた大垣北の安藤透投手=土岐市総合公園野球場で
 2020夏季県高校野球大会は一日、土岐市総合公園野球場で準決勝二試合があり、夏の大会としては、大垣日大が五年連続、中京が二年連続で決勝の舞台に進んだ。決勝カードは昨年と同じ顔合わせとなった。
 大垣日大は小刻みな継投策で、追いすがる岐阜第一を振り切った。中京は大垣北を投打で圧倒した。
 決勝は二日午前九時から、岐阜市の長良川球場で行われる。

岐阜第一、反撃及ばず

 大垣日大が終始リードを保って岐阜第一を振り切った。
 大垣日大は二回、併殺の間に先制。七回には、森の左越え本塁打と林晴からの三連続長短打で3点を加えた。
 岐阜第一は八回、柴崎、阪口の連続本塁打で3点を返したが、一歩及ばなかった。

高校初打席は本塁打 大垣日大・森選手

 終盤で1点リード。あと1点が欲しい七回1死、大垣日大の森大也選手(二年)が打席に向かった。公式戦初出場で、四回の守備から入ったため、これが高校での初打席。「三振をしないように」。そう心に決めて立った打席で、本人も驚く本塁打。打線を勢いづけ、勝利の立役者になった。
 朝から好調で「今日は体が軽かった」。とはいえ、与えられた背番号は「25」。ベンチ入りメンバーが二十五人まで認め...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の最新ニュース

記事一覧