大津商が中盤、打ち勝つ <高校野球・滋賀>

2020年8月2日 05時00分 (8月2日 05時02分更新) 会員限定
6回からマウンドに上がり、力投する伊香の竹原主将=湖東スタジアムで

6回からマウンドに上がり、力投する伊香の竹原主将=湖東スタジアムで

  • 6回からマウンドに上がり、力投する伊香の竹原主将=湖東スタジアムで
 夏季県高校野球大会六日目は一日、皇子山球場(大津市)と湖東スタジアム(東近江市)で二回戦六試合が行われた。草津は集中打で八幡商に逆転勝ち。水口東は玉川を投打で圧倒して七回コールド勝ちした。綾羽は伊吹との延長十一回の死闘を制した。
 河瀬は、米原に七回コールド勝ち。大津商は中盤の集中打で伊香に逆転勝ちした。近江兄弟社は守山に長打を許さず、終始主導権を握って逃げ切った。
 大会七日目は二日、両球場で二、三回戦計五試合が行われる。

投げ抜き悔いなし 21世紀枠候補の伊香・竹原主将

 今春の選抜大会で二十一世紀枠の最終候補にまで残った伊香だったが、今大会は初戦で姿を消した。捕手の竹原壮吾主将(三年)は「注目された分、期待はプレッシャーにもなった。良い評価ばかりではなく、みんなで野球ができない日々もあり、苦しい一年だった」と声を振り絞った。
 昨秋のエース隼瀬一樹投手(同)の調子が上がらず、この日は藤井大智投手(同)が先発。四回まで最少失点でしのいだものの、五回に守備の乱れも重なって、大量失点を招いた。
 五回終了後、小島義博監督から「六回はお前が行け」とマウンドを託された。練習試合やブルペンでも投球は常...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報