敦賀気比と福井工大福井で3日決勝 <高校野球・福井>

2020年8月2日 05時00分 (8月2日 05時00分更新) 会員限定
福井工大福井−福井商 9回表福井工大福井2死二、三塁、右翼線二塁打を放つ新山選手=福井市の県営球場で

福井工大福井−福井商 9回表福井工大福井2死二、三塁、右翼線二塁打を放つ新山選手=福井市の県営球場で

  • 福井工大福井−福井商 9回表福井工大福井2死二、三塁、右翼線二塁打を放つ新山選手=福井市の県営球場で
  • 武生商−敦賀気比 4回裏敦賀気比2死一、三塁、右前打を放つ岡村選手=福井市の県営球場で
  • チームを準決勝まで引っ張ってきた武生商の清水主将(左)=福井市の県営球場で
 県高校野球大会第8日は1日、福井市の県営球場で準決勝2試合が行われ、夏の大会としては、敦賀気比が3年連続、福井工大福井が5年ぶりの決勝へと進んだ。
 両校が決勝で戦うのは2015年以来、5年ぶり。決勝は3日、同球場で午前10時に試合開始。NHKとFBCが中継を行う。

工大福井 接戦制す

 九回に勝ち越した福井工大福井が、福井商との接戦を制した。
 福井工大福井は七回、南のスクイズで追い付き、九回は2死二、三塁から、新山の右翼線二塁打と大上の左前打で3点を勝ち越した。
 福井商は、五回に犠飛と米田の適時二塁打で逆転したが、救援の高木を攻略できなかった。

殊勲打の新山選手 冬場の走り込み実った

 鋭い打球が右翼線を抜けた。同点で迎えた九回2死二、三塁。福井工大福井の新山航己選手(三年)が、勝利へ導く二塁打を放った。
 一、二回戦で先発出場したが、1安打と振るわず、準々決勝ではベンチ入りから外れた。この試合は代打で出場した。「どんな球が来ても振...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報