”ネガティブ力士”今やどこへ…正代、真っ向勝負で照ノ富士破り感情むき出しに 「前日の夜からだいぶ意識してた」

2020年8月1日 21時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
正代(左)が寄り切りで照ノ富士を破る

正代(左)が寄り切りで照ノ富士を破る

  • 正代(左)が寄り切りで照ノ富士を破る

◇1日 大相撲7月場所14日目(東京・両国国技館)

 関脇正代(28)=時津風=は1日、単独トップの平幕照ノ富士(28)=伊勢ケ浜=を寄り切りで破り、3敗を死守。相手に2敗目をつけ、優勝の可能性を残した。1差で追っていた新大関朝乃山(26)=高砂=も平幕照強を相手に3敗目を喫した。千秋楽で照ノ富士が関脇御嶽海(27)=出羽海=に勝てば、2015年夏場所以来2度目の優勝が決まる。結びで朝乃山と正代が3敗同士で対戦するため、照ノ富士が本割で敗れれば、三つどもえの優勝決定戦となる。
  ◇  ◇  ◇
 消極的な発言の数々から「ネガティブ力士」と呼ばれていたのは、もう過去の話。正代は真っ向勝負で照ノ富士を寄り切ると、自分のさがりを拾い上げてブンッとひと振り。おとなしい男が感情をむき出しにした。
 気持ちは分かる。単なる11勝目ではなく、初優勝へ望みをつなぐでっかい白星。「好調の相手だったんで、前日の夜からだいぶ意識してた。そういうのが勝負が決まった瞬間に出たのかな」。興奮を抑え切れない様子で口を開いた。
 この日の対戦まで照ノ富士とは5勝4敗。数字だけ見れば分がいいように思われるが、5勝のうち2勝は不戦勝。「中途半端にやって持っていかれるくらいなら、思い切って前にということだけ集中して」という挑戦者の気持ちが白星を呼び込んだ。
 千秋楽の結び前に御嶽海が照ノ富士に勝ち、正代が結びの一番で朝乃山に勝てばともえ戦出場が決まる。第8代横綱不知火諾右衛門、第11代横綱不知火光右衛門と2人の横綱を輩出している熊本県。2人は優勝相当の成績を残してはいるが、正式な記録として残る優勝制度ができた1909年夏場所以降、熊本県出身の優勝力士は誕生していない。正代は初の賜杯という大きな期待を背負っている。
 不知火諾右衛門の生家は宇土市栗崎町。正代の実家がある神馬町とは目と鼻の先だ。「家からお墓はすごく近い」そうなのだが、「行ったことはないんですよね」と話したことがある。優勝して墓前に報告を。郷土の英雄が待っている。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ