勝利につながった中日・武田の8回送りバント エラーも絡みチャンス広げた 「打球を殺せば絶対セーフになると」

2020年8月1日 20時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回、バントを決める中日・武田

8回、バントを決める中日・武田

  • 8回、バントを決める中日・武田

◇1日 中日3-1ヤクルト(ナゴヤドーム)

 中日の武田健吾外野手(26)が代打で送りバントを決め、決勝点へのつなぎ役を果たした。1―1の8回、福田の二塁打の後、投手の前にきっちりと転がした。
 「二塁ランナーが遠藤さんだったので、打球を殺せば絶対セーフになってくれると思ってバントしました。チームの勝利に関われたことがすごくうれしい」。ヤクルトの先発小川がファンブルするエラーもあり無死一、三塁とチャンスを広げた。与田監督も「ホントにすごくプレッシャーのかかるところとなった中で、よく決めてくれた」とたたえた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ