久保建英の移籍市場の価値がうなぎ上り ”お値段”36億円はレアルのスター選手・ベイルを上回る

2020年8月1日 10時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
久保建英(AP)

久保建英(AP)

  • 久保建英(AP)
 久保建英(19)はスペイン1年目のマジョルカで活躍を見せたことで、来季に向けた各クラブの獲得レースが過熱している。その中で移籍専門サイト「Transfermarkt」における市場価値が日本円にして約36億円に上昇した。
 世界各国のサッカー選手の成績や推定移籍金を掲載している同サイトは、7月下旬付で久保の市場価値を3000万ユーロ(約36億円)に更新。またスペイン紙「AS」はこの価格高騰によって、同じレアル・マドリード所属のスター選手であるベイルの2800万ユーロ(約33億6000万円)を上回る市場価値となったと伝えている。
 久保は「フランス・フットボール」誌のインタビューで「僕の夢はベストプレーヤーの一人になること。それを達成するために努力し続けます」と意欲を語ったことも話題になっている。ベイルがリーグ戦再開後、控え続きでなおかつ31歳という年齢もネックとなり市場価値が暴落した側面もあるが、久保に世界的ビッグネームを超える値札が付いたことは確かだ。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ