松山英樹は33位後退 首位と10打差に ショットにキレなし…池ポチャ2発に表情さえず

2020年8月1日 10時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山英樹(AP)

松山英樹(AP)

  • 松山英樹(AP)

◇31日 世界選手権シリーズ・セントジュード招待第2日(米テネシー州メンフィス、TPCサウスウインド)

 松山英樹(28)=レクサス=は3バーディー、4ボギーの71と落とし、通算1アンダーで首位から10打差の33位に後退した。65で回ったブレンダン・トッド(米国)が通算11アンダーでトップ。
 松山はパッティングで打ち切れないシーンが目立った。ショットも14番パー3で池に落とすなど切れがなく、最終9番の第2打も再び池ぽちゃでボギーフィニッシュ。パーオン率は50%にとどまった。
 プレー後は「ショットもパットもよくない。何かきっかけがあれば、よくなりそうな雰囲気はあるのだが」と表情もさえない。「トップ以外はあまり伸びていないので、そこを考えながら(3日目から)いいスコアで回りたい」と前向きに語った。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ