オカリナとランチ 癒やし 小松・せせらぎの郷 コンサート再開

2020年8月1日 05時00分 (8月1日 10時37分更新)
ついたての前でオカリナで演奏する「九谷の風」のメンバー=小松市瀬領町で

ついたての前でオカリナで演奏する「九谷の風」のメンバー=小松市瀬領町で

  • ついたての前でオカリナで演奏する「九谷の風」のメンバー=小松市瀬領町で
 小松市瀬領町の里山健康学校「せせらぎの郷」のレストランで三十一日、ランチコンサートがあり、来場客約二十人が食事と一緒にオカリナ演奏を楽しんだ。
 能美市を拠点に九谷焼のオカリナなどで活動するグループ「九谷の風」の五人が出演。新型コロナウイルス感染防止のため、来場客との間に透明のついたてを立てて演奏した。
 夏をテーマに「浜辺の歌」や「われは海の子」など十三曲を演奏した。音色が異なる大小のオカリナを用いて、涼やかなハーモニーを響かせた。グループのメンバーは「オカリナの音色が皆さまの心の癒やしになれば」と述べた。
 ランチコンサートは毎月最終金曜日に企画。コロナ禍で四〜六月は休止し、本年度はこの日が初めての開催となった。(坂麻有)

関連キーワード

PR情報

石川の最新ニュース

記事一覧