【福井】敦賀で初の感染者、越前市も1人 東京、大阪に滞在歴

2020年8月1日 05時00分 (8月1日 05時00分更新) 会員限定
 県は三十一日、新たに越前市と敦賀市の男性会社員二人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。二人とも軽症で、感染症指定医療機関に入院している。敦賀市での感染確認は初めてで、嶺南では若狭町で一人が確認されて以来、百四日ぶり。県内の累計患者数は百三十九人。 (山本洋児)
 県によると、越前市の男性は七月二十一日、仕事のため同僚三人と社用車で東京へ向かった。日帰りで、四人が一カ所で作業をしていた。二十六日にせきやのどの痛みがあり、三十日に医療機関を受診。PCR検査の結果、三十一日に陽性と判明した。濃厚接触者は今のところ同居家族五人。
 敦賀市の男性は二十九日に発熱などの症状が出た。発症前の二週間に電車で大阪府へ行き、知人と会っていた。二十九日に知人の感染が判明。濃厚接触者として検査を受け、三十一日に陽性と判明した。大阪での滞在目的や期間などは本人の希望により非公表という。濃厚接触者の有無は調査中。
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報