銭谷さん「今の経験 将来につながる」

2020年8月1日 05時00分 (8月1日 10時16分更新)
3年生に向け、ビデオメッセージを贈る銭谷欽治さん(左上)=加賀市の大聖寺高で

3年生に向け、ビデオメッセージを贈る銭谷欽治さん(左上)=加賀市の大聖寺高で

  • 3年生に向け、ビデオメッセージを贈る銭谷欽治さん(左上)=加賀市の大聖寺高で

後輩・大聖寺高生にビデオメッセージ


 加賀市出身で日本バドミントン協会専務理事の銭谷欽治さん(67)が三十一日、母校の大聖寺高校の三年生にビデオメッセージを贈った。
 銭谷さんは同校卒業後、中央大などを経て三洋電機に入社。全日本総合バドミントン選手権男子シングルスで一九七六年から四連覇するなど七度の優勝を遂げた。監督としても同社女子チームを全日本実業団選手権で四連覇に導いた。
 ビデオメッセージは十二分間で、三年生百五十六人が視聴した。新型コロナウイルス禍で不安を抱える生徒たちを思いやり、米国アップル社の創業者スティーブ・ジョブズ氏らの名言を引きながら「今、経験していることは必ず将来につながる」「明るく顔を上げ、充実した毎日を過ごして」と励ました。
 銭谷さんの講演が予定された十月の創立百十周年記念式典がコロナ禍で来年に延期されたのを受け、同窓会がビデオメッセージを依頼した。三年山本咲桜(さくら)さん(17)は「銭谷さんから受け取った言葉を大事にしていきたい」と話した。 (小室亜希子)

関連キーワード

PR情報