ロッテの開幕投手・石川が6回2失点で今季初勝利…バッテリー組む田村が2安打3打点で逆転勝ちに貢献

2020年7月31日 22時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回裏2死満塁、勝ち越し2点打を放ちガッツポーズする田村

6回裏2死満塁、勝ち越し2点打を放ちガッツポーズする田村

  • 6回裏2死満塁、勝ち越し2点打を放ちガッツポーズする田村

◇31日 ロッテ5ー4楽天(ZOZOマリンスタジアム)


 ロッテは6回に集中打で4点を奪い、逆転勝ちした。先発・石川は6イニング8安打2失点の粘投。開幕投手を務めた右腕は、今季7試合目の登板で待望の初勝利を手にした。
 ロッテは1点ビハインドの6回1死二、三塁から井上が左犠飛で同点に追いつくと、安打と四球で2死満塁とし、田村が2点適時打を放って勝ち越しに成功。楽天の先発・則本昂をマウンドから引きずりおろした。8回に1点差まで追いつかれたが、辛くも逃げ切った。
 田村は先制点を奪った2回の適時二塁打を含めて4打数2安打3打点の活躍。女房役のバットが、石川を救った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ