岐阜県で19人感染 新たに5つのクラスター認定

2020年7月31日 20時57分 (8月1日 00時42分更新) 会員限定
 岐阜県と岐阜市は31日、新たに10~60代の男女19人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は計331人となった。また、新たに5つのクラスター(感染者集団)を認定。7月以降に発生したクラスターは計8つとなった。
 新たなクラスターとされたのは、名古屋市のクラブや飲食店を起因とする3クラスターと、可児市のスポーツジム、美濃加茂市の格闘技道場。
 30日に感染が分かった10代女性が岐阜高校(岐阜市)の生徒だったことも判明し、同校の感染者は2人となった。同校は生徒と教職員51人を検査し、全て陰性を確認。今後さらに接触者について聞き取り、調査を進める。

関連キーワード

PR情報

新型コロナ(ニュース)の最新ニュース

記事一覧