つないだ!亀井!坂本!丸!の3連打で巨人は逆転に成功!広島ルーキー森下を打ち崩す

2020年7月31日 20時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回裏2死二塁、亀井が中前に同点打を放つ。投手森下、捕手会沢

4回裏2死二塁、亀井が中前に同点打を放つ。投手森下、捕手会沢

  • 4回裏2死二塁、亀井が中前に同点打を放つ。投手森下、捕手会沢

◇31日 巨人-広島(東京ドーム)


 巨人の亀井善行外野手(38)が貴重な一打を放った。1点を追う4回2死二塁。ここまで無得点に封じられてきた広島の先発・森下の137キロのカットボールを中前に運び、これが同点適時打に。亀井は「集中してしっかり打つことができたね」とコメントした。
 さらに坂本が右前打でつなぐと、丸が2死一、二塁から右前適時打を放ち、3連打で逆転に成功した。丸は「亀井さん、(坂本)勇人さんがつないでくれたので気持ちだけで打ちました」と振り返った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ