本文へ移動

大谷翔平が2試合連続アーチ メジャーでは413日ぶり4度目 9回に2号3ラン

2020年7月31日 14時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3ラン本塁打を放った大谷(AP)

3ラン本塁打を放った大谷(AP)

◇30日 エンゼルス5-8マリナーズ ◇エンゼルスタジアム
 エンゼルスの大谷翔平選手(26)が30日、アナハイムでのマリナーズ戦に「5番・指名打者」で出場。第4打席で第2号となる3ラン本塁打を放った。
 2ー8の9回1死一、二塁。カウント2―2から右腕アルタビーラの内角98・5マイル(約158・5キロ)直球を左中間フェンスオーバー。飛距離は前日同カードの1号3ランと同じ402フィート(約122・5メートル)だった。
 打球初速105マイル(約169キロ)、角度31度、滞空時間5・6秒、最高到達点103フィート(約31メートル)。2試合連続アーチは昨年6月13日のレイズ戦以来413日(打者出場75試合)ぶり、メジャー通算4度目。
 試合は5ー8で敗れ、エンゼルスは昨季まで大谷が3打点以上を挙げると13勝0敗、今季は0勝2敗。(MLBスタットキャストなど調べ)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ