【戦後75年】戦時中の中部日本新聞をPDFで読んでみよう

2020年7月31日 12時10分 (8月3日 12時35分更新)
 太平洋戦争中に中部日本新聞社(現中日新聞社)が発行していた「戦時版」の原紙が見つかった(20日付朝刊掲載)。市民の息遣いや地元企業の奮闘などを伝える記事もふんだんに掲載され、歴史学が専門の九州大の永島広紀教授は「戦時中の暮らしを知る貴重な資料」と話す。1944(昭和19)年3月1日から10月31日の終刊までに244号を数えた戦時版。原紙の一部を公開する。
※下の見出しをクリックすると、当時の紙面をPDFで拡大して読むことができます。

関連キーワード

PR情報