三浦春馬さん出演ドラマ、代役立てずに9月15日スタート決定「台本を書き直して撮影を進めていく」

2020年7月31日 11時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「おカネの切れ目が恋のはじまり」のワンシーン。松岡茉優と三浦春馬(c)TBS

「おカネの切れ目が恋のはじまり」のワンシーン。松岡茉優と三浦春馬(c)TBS

  • 「おカネの切れ目が恋のはじまり」のワンシーン。松岡茉優と三浦春馬(c)TBS

◇TBS系「おカネの切れ目が恋のはじまり」


 TBSは31日、30歳で急逝した俳優三浦春馬さんが出演していた9月スタート予定の火曜ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(毎週火曜午後10時)を同月15日から放映することを番組公式サイトで発表した。
 撮影は三浦さんの死去に伴い、中断されていたが、東仲恵吾プロデューサーは「三浦さんの出演していたこのドラマを観たいという多くの要望をいただき、誠心誠意努めて完成させていきます」とコメント、収録できなかった三浦さんの出演部分については「一部台本を書き直して撮影を進めていく」としている。
 初回から三浦さんに代役を立てず、収録済みの回に、台本書き直しで対応する。三浦さんは亡くなる前日の7月17日まで収録に参加していた。
 ドラマは主演の松岡茉優(25)が、モノや恋に一途ですべて計算通り、お金が正しく使われることに生きがいを感じる「清貧女」、九鬼玲子を演じる。三浦さんはお金を使うのに迷いもなく、「予定は未定」の「浪費男」、猿渡慶太として玲子に出会い、金銭感覚が大違いの慶太が玲子の実家に住み込むことになることから繰り広げられる“じれキュン”ラブコメディーだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ