本文へ移動

<豊田章男社長に聞く>(上)「ウーブン・シティ」実現へ

2020年7月31日 05時00分 (8月1日 00時16分更新)
豊田章男社長(左)と新持ち株会社などのトップに就く予定のジェームス・カフナー氏

豊田章男社長(左)と新持ち株会社などのトップに就く予定のジェームス・カフナー氏

  • 豊田章男社長(左)と新持ち株会社などのトップに就く予定のジェームス・カフナー氏
  • トヨタ自動車が計画する実証都市「ウーブン・シティ」のイメージ=同社提供
 静岡県裾野市で計画する新技術の実証都市「ウーブン・シティ」の実現に向け大きくかじを切るトヨタ自動車。豊田章男社長は本紙などのインタビューに、これまでの自動車メーカーの常識を破って新規事業に取り組む必要性を強調した。二回に分けて詳報する。
 ウーブン・シティの具体化に向け来年一月、自動運転ソフトウエア開発子会社「トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI−AD)」(東京)を組織変更する。
 自動車会社として(電動化や自動運転などの新技術)「CASE(ケース)」にどう立ち向かっていくか迫られる中、二年半前にモビリティ・カンパニーになろうと宣言し、TRI−ADも生まれた。
 トヨタの車は、耐久性、部品調達のしやすさ、修理しやすさの三つで評価されてきた。だから稼働率を重視する移動サービス(マース)事業者のようなテクノロジーカンパニーからも、一緒にやろうとお声がけを得られた。ただ、今はどんどんソフトウエアをアップデートしていく車、モビリティを造らないと、本当に安全な交通、安全なモビリティはできない。そういう流れの中でTRI−ADは先駆者として歩んできたし、その役割が...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

中日BIZナビ
中日BIZナビ

関連キーワード

PR情報