【滋賀】5人の感染者は軽症か無症状 大津税務署の職員も

2020年7月31日 05時00分 (7月31日 05時00分更新) 会員限定
 県内で三十日、新たに十歳未満〜五十代の男女五人の新型コロナウイルス感染が確認された。いずれも軽症か無症状。県内での感染確認は十二日連続で、一日に五人以上の感染が確認されたのは二日連続。県内の感染者は計百六十八人となった。
 五人のうち、湖南市の五十代の会社員男性は、すでに感染が判明している同市の二十代男性の父親で、濃厚接触者として県が調べていた。同市の三十代の会社員女性と小学生の親子は、二十代男性の知人で、濃厚接触者だった。
 草津市の二十代のアルバイト男性は、二十六日に味覚や嗅覚に異常を感じ、二十八日に帰国者・接触者外来を受診。十九日に大阪府で約二十人が参加するバーベキューに参加し、本人によると、他の参加者も感染が確認されているという。
 日野町の二十代のアルバイト女性は、感染経路を調査中。二十二日から発熱などの症状があったという。県は、同居する両親と十歳未満のおいを濃厚接触者とみて、検査を行う。
 また、大阪国税局は同日、大津税務署に勤務する男性職員の感染が判明したと発表した。総合窓口を中断して消毒を実施し、署内の濃厚接触者...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧