本文へ移動

氣志團万博40分ノーカット 山下達郎が初のライブ映像配信「違う可能性を必死で探さなくては」

2020年7月30日 21時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年氣志團万博での山下達郎(菊地英二撮影)

2017年氣志團万博での山下達郎(菊地英二撮影)

 シンガー・ソングライターの山下達郎(67)が30日、動画配信サービス「MUSIC/SLASH」でライブ映像をまとめた番組「TATSURO YAMASHITA SUPER STREAMING」を配信した。1975年のデビュー以来、ライブ映像は2012年に劇場公開した「シアター・ライヴ」だけ。この日、「動く達郎」が初めておうちに届けられた。
 山下は「どんなにライブをやりたくてもやれない。しかも、いつまで続くかも分からない。再びリアル・ライブができるようになるまでのあいだ、違う可能性を必死で探さなくてはなりません」とコロナ禍で配信に踏み切った理由を説明した。番組では17年に開催され「ハイティーン・ブギ」を歌唱した氣志團万博をノーカットで約40分配信、18年に京都のライブハウスで行われたアコースティックライブで披露された「希望という名の光」など計15曲のお宝映像を配信した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ