本文へ移動

最下位低迷のJ1鹿島ザーゴ監督 柏時代に共闘・片野坂監督率いる大分と初対戦へ「今もベンチで熱い方」

2020年7月30日 21時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
雨が降る中、練習を指揮するザーゴ監督(左)((C)鹿島アントラーズ)

雨が降る中、練習を指揮するザーゴ監督(左)((C)鹿島アントラーズ)

 清水と並びJ1最下位に低迷する鹿島のザーゴ監督(51)が30日、練習後にオンラインで取材に応じ、次節の大分戦(8月1日・昭和電ド)に向け「自分たちのサッカーをより表現し、より徹底してやっていくことが重要になる」と語り、後方からパス主体で攻撃を組み立てるスタイルの継続を強調した。
 現役時代に柏でチームメートだった大分・片野坂監督とは初対戦となる。ザーゴ監督は「偉大な人物。選手のころもたくさん汗をかいていたが、今もベンチで汗をかく姿を見て熱い方だなと思う」と敵将に敬意を示した上で「対戦できるのはうれしく幸せなこと。お互いに向上して、いい結果を出し続けたい」と指揮官としての対戦を心待ちにした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ