中日・小笠原が2軍戦で7回途中3失点と粘投 被安打3のうちクリーンヒットは2本のみ

2020年7月30日 18時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウエスタン・リーグオリックス戦に先発した中日・小笠原

ウエスタン・リーグオリックス戦に先発した中日・小笠原

  • ウエスタン・リーグオリックス戦に先発した中日・小笠原
 中日の小笠原慎之介投手(22)が30日、ウエスタン・リーグのオリックス戦(ナゴヤ)に先発。7回途中まで投げ、3安打5四球、3失点(自責点2)に抑えた。
 最速142キロの直球を軸に、6回まで2安打1失点。7回1死一、二塁の場面で交代した。許した3安打のうち、クリーン安打は7回の1本のみ。残る2安打は、いずれも内野安打だった。
 「最後の7回は先頭に四球というのが、最も反省しないといけない部分。また1週間しっかり自分を見つめ直して、修正してやっていきたいと思います」と前を見据えた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ