本文へ移動

10勝目の照ノ富士、ついに優勝争いトップ並んだ! 錦戸副部長、三役以上との対戦も示唆

2020年7月29日 22時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
栃ノ心(右)を寄り切りで破る照ノ富士

栃ノ心(右)を寄り切りで破る照ノ富士

◇29日 大相撲7月場所11日目(両国国技館)

 14場所ぶりに幕内復帰した元大関の照ノ富士(28)=伊勢ケ浜=が、同じく元大関の栃ノ心を寄り切って1敗を守った。堂々の優勝争いでトップを並走だ。
 「場所前から勝ち越し、その後は2桁と思ってた。よかったです」と目標達成を喜んだが、その先には言わずもがな、優勝が視野に入っているだろう。
 「残りしっかりやれることやろうと思う」。優勝経験がある元大関。審判部の錦戸副部長(元関脇水戸泉)は「(12日目の)玉鷲に勝てば三役に持ってこないと」と、三役以上との対戦を示唆した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ