本文へ移動

幕内最年長36歳琴奨菊が7場所ぶり勝ち越し「まだまだいけるという気持ちの方がうれしい」

2020年7月29日 22時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
琴奨菊(奥)が寄り切りで照強を破り、勝ち越しを決める

琴奨菊(奥)が寄り切りで照強を破り、勝ち越しを決める

◇29日 大相撲7月場所11日目(両国国技館)

 元大関で幕内最年長の36歳、琴奨菊(佐渡ケ嶽)が一気に照強を寄り切って、7場所ぶりの勝ち越しを決めた。
 6場所連続負け越しは、7場所連続の佐田の海に次いでワースト2位タイだった。
 勝った後は思いをかみしめるようにしばらく目を閉じていた琴奨菊。「自分の相撲が取れてるんで、まだまだいけるという気持ちの方がうれしい」。今場所から立ち合いで腰を高い位置に保つ仕切りに変えた。いつまでも探求心を忘れない琴奨菊は、まだまだいける。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ