【福井】県「注意レベル」到達 感染6人は同僚、沖縄旅行

2020年7月30日 05時00分 (7月30日 05時00分更新) 会員限定
 県内で二十九日、新型コロナウイルスで新たに男性六人の感染者が確認された。六人は県内の会社の同僚で、二十三〜二十六日の四連休に沖縄旅行をしていた。県内の感染者は累計百三十五人。(籔下千晶)
 直近一週間の県内での新規感染者は計九人となり、県が定める「注意レベル」(一週間の新規感染者数がおおむね五人以上)に到達した。注意レベルは「緊急事態レベル」(同二十人以上)に次ぐ段階で、三〜五月の県内第一波の収束後初めて。県は三十日に新型コロナの対策本部会議を開き、第二波への総合的な対策などを決める方針。
 六人で同時に旅行し、発症日も近接しているため、県は「旅行先での感染が強く疑われる」としている。六人の濃厚接触者は、同居家族計十三人が分かっている。旅行に行かなかった同僚十五人も含め、PCR検査を実施し感染の有無を調べている。
 県健康福祉部の窪田裕行部長は二十九日の会見で「県内では個別の発生事例が続いていて、波にはなっていない。『第二波』という状況にはない」との見方を示した。ただ、「一週間で(注意レベルの)九人感染は重い。対策を協議して三十日にも発表したい」と話した。

発症までが短時間「旅行前に感染も」...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

福井の最新ニュース

記事一覧