中日ドラフト5位・岡林、初の1軍守備 鈴木誠のライナーも落ち着いて処理

2020年7月29日 21時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回、福田(左)の代走に出る中日・岡林

8回、福田(左)の代走に出る中日・岡林

  • 8回、福田(左)の代走に出る中日・岡林

◇29日 広島2―0中日(マツダ)

 中日のドラフト5位、岡林勇希外野手(18)が1軍で初めて守備につき、プロ最初の守備機会を無難にこなした。
 8回2死一塁で福田の代走として出場し、そのまま左翼に。2死から鈴木誠のライナー性の打球を落ち着いて処理した。
 19日に初めて1軍登録されたが、ここまで3試合は代打と代走のみ。三重・菰野高時代は投手で、プロ入り後に外野手へ本格転向した18歳が着実にステップアップしている。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ