本文へ移動

巨人戸郷7奪三振ながら5イニング2被弾3失点降板「すごく悔しい」

2020年7月29日 21時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
高城に2ランを浴びた巨人・戸郷

高城に2ランを浴びた巨人・戸郷

◇29日 巨人ーDeNA(東京D)

 巨人の先発・戸郷翔征投手(20)が、5イニング4安打3失点で降板した。
 立ち上がりから快調な投球を見せていたが、3回に梶谷に右越えソロで先制を許すと、5回には高城に左越え2ランを浴びた。
 それでも7三振を奪うなど、持ち味も存分に発揮していた。戸郷は「調子が良かっただけに、あの2本のホームランはすごく悔しいです。次に向けてしっかりと反省して、修正します」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ