本文へ移動

ヤクルト・村上、阪神から今季初アーチ! 逆転5号2ラン、リーグトップ35打点

2020年7月29日 21時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルト・村上

ヤクルト・村上

◇29日 ヤクルト―阪神(神宮)

 ヤクルト・村上宗隆内野手(20)が、今季の阪神戦初アーチを放った。1点を追う4回無死二塁で逆転の5号2ラン。「追い込まれていたのでランナーを返すことだけを意識してコンパクトに打ちました」。カウント1ボール2ストライクから先発・ガルシアの155キロをフルスイング。豪快な1発を左中間スタンドに放り込んだ。
 20歳のスラッガーは試合前までの今季阪神戦で26打数11安打、打率4割2分3厘をマーク。阪神投手陣を相手に好結果を残してきたが、長打は16日に甲子園で放った二塁打1本のみだった。「いい結果となり、逆転できてよかったです」と振り返る一振りで28試合連続出塁。22日のDeNA戦(横浜)以来、6試合ぶりのアーチが飛び出した時点で、リーグトップの35打点目を記録した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ