本文へ移動

<おはよう出番です> 桜庭ななみ

2020年7月30日 05時00分 (7月30日 05時00分更新)
桜庭ななみ

桜庭ななみ

 主役はもちろん、そうでない役でも目を奪われる。どこか、はかなげで透明感のある美しさだけでなく、画面から消えても漂う存在感のせいだろうか。今回は、少女の頃に誘拐された女性の役。過酷な人生をどう演じるのか。早くも「実力派」と呼び声が高い芝居に期待がかかる。(花井康子)

英国の原作見て研究 日本版ならではの被害女性を表現

 演じるのは、十三歳のときから十三年間監禁されていた百合亜。八月一日スタートのドラマ「13(サーティーン)」(東海−フジテレビ系、土曜午後十一時四十分)のヒロインだ。「監禁されていた子が突然戻ってきて、家族はどう受け止めるのか。被害者の百合亜はずっとうつむいていて、一見、か弱いんですが、心の中に芯があり、強くたくましく生きる女性だなと感じています」
 事前に、原作となった英BBC放送のドラマ「Thirteen」を見て研究。「吸い込まれるような主人公で、こういう芝居ができたらと思いました。(今作は)メインストーリーも環境も違うので、日本版ならではの表現ができたら」
 ドラマは全四話でスピーディーに展開する。元々、六月に始まる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で遅延。撮影現場は常...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報