本文へ移動

ヤクルト原4試合連続の初回失点、11戦で9度目

2020年7月29日 19時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルト原

ヤクルト原

◇29日 ヤクルトー阪神(神宮)

 ヤクルトがまたしても初回に失点した。先発・原樹理投手(27)が、いきなり1死一、三塁のピンチを招くと、阪神・大山の遊撃内野安打で先制点を奪われた。初回の失点は4試合連続。さらに17日の広島戦(マツダ)から11試合で9度目だ。
 高津監督は26日の試合後に「しっかり立ち上がってゲームを作る作業ができないとチーム全体が苦しくなる」と強調。先発陣の奮起を促していたが、28日の阪神戦でも球団ワーストの22失点に迫る20失点と投壊。この日も同じ展開を繰り返した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ