本文へ移動

ヒットチャート席巻「香水」を歌う瑛人 曲の誕生秘話を明かす「ダメな自分が生まれ、どうしょうもないと思ったときに…」

2020年7月29日 12時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
瑛人のインスタグラムより

瑛人のインスタグラムより

 インターネット上でじわじわ広がり、ヒットチャートを席巻している曲「香水」を歌うシンガー・ソングライターの瑛人(23)が29日、日本テレビ系朝の情報番組「スッキリ」でスタジオに生出演。同曲が実体験に基づいていると明かすも、キーとなる「香水」のフレーズの出典は、バイト先のオーナーだという驚きの秘話を明かした。
 昨年5月にYouTubeで公開された同曲のMVは現在6800万回以上再生され、香取慎吾、藤森慎吾、鈴木福、など芸能人が次々とカバーし、話題に。スタジオでは少し緊張した面持ちで登場した瑛人は「(恋人と)離れてから時間がたって、ダメな自分が生まれ、どうしようもないなと思った時に作った曲」と説明し、自身の失恋体験がベースとなっていると明かした。
 だが歌詞の中に出てくる印象的なフレーズ「ドルチェ&ガッバーナの香水」は彼女が付けていたのではなく、バイト先のオーナーが使用していたという。オーナーの香水を瑛人がつけていた時に曲を制作し「適当に歌っていてドールチェ&ガッバーナってのが生まれた」と秘話を明かした。芸能人の「歌ってみた」動画で1番印象的なのはお笑いコンビ「チョコレートプラネット」のネタ。長田庄平が瑛人役を、松尾駿が持ちネタであるIKKOの格好でダンサー役を務めて、服を乱れさせて派手に踊っており、瑛人は「爆笑しましたね」と振り返っていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ