田子ノ浦親方に厳重注意 外食して泥酔、ネットに写真

2020年7月29日 05時00分 (7月29日 05時02分更新) 会員限定
田子ノ浦親方

田子ノ浦親方

  • 田子ノ浦親方
 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は28日、田子ノ浦親方(44)=元幕内隆の鶴、本名積山伸一、鹿児島県出身=が夜に外出して飲食をしたとして、27日に鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)から厳重注意を受けたと明らかにした。28日の新型コロナウイルスの抗原検査では陰性だったという。
 芝田山部長は田子ノ浦親方の外出先が接待を伴う「夜の店」ではないとした。ただ関係者によるとかなりの深酒だったといい、同部長は「浅はかな行動をとってほしくない。弟子を抱える師匠が泥酔状態で写真を撮られ、ネットに載せられてしまうのは不適切。自覚を持ってもらわないと」と苦言。出掛けた時期について、同親方は「場所中かどうか分からない」と明言していないという。
 田子ノ浦親方は元大関の幕内高安ら15人の弟子を指導。田子ノ浦部屋には荒磯親方(元横綱稀勢の里)が所属している。
 4カ月ぶり開催の7月場所では、幕内阿炎ら2力士が場所前と場所中に外出して数人と会食したことが発覚。27日には感染予防のガイドラインの熟読を八角理事長名で各部屋へ通達したばかりだった。

関連キーワード

PR情報

スポーツの最新ニュース

記事一覧