本文へ移動

御嶽海が連敗ストップ…朝乃山に完勝し、三役では優勝した昨年秋場所以来の勝ち越し

2020年7月28日 21時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
御嶽海(右)が上手投げで朝乃山を破る

御嶽海(右)が上手投げで朝乃山を破る

◇28日 大相撲7月場所10日目(東京・両国国技館)

 御嶽海(27)=出羽海=が連敗を「2」で止め、三役では優勝した昨年秋場所以来の勝ち越し。「まわしを取らせないことだけ意識した」と朝乃山に組ませずに上手投げで完勝し、上位食いの本領を発揮した。
 優勝争いは単独トップとなった白鵬と2差で苦しい立場だが、2桁まで星を伸ばせば大関とりの起点となる。「勝つことが仕事。前に出る相撲で白星を連ねたい」と気合をみなぎらせた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ