本文へ移動

2本の満塁被弾…ヤクルト投手陣大乱調…6回までに15被安打で19失点

2020年7月28日 21時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
イノーア

イノーア

◇28日 ヤクルト―阪神(神宮)

 ヤクルトが2005年8月10日の広島戦(神宮)以来、3度目となる1試合2本の満塁本塁打を浴びた。
 2回に先発・ガブリエル・イノーア投手(27)が、ボーアに被弾。4回に2番手・坂本光士郎投手(25)が、サンズに痛恨の一発を浴びた。
 新助っ人右腕のイノーアは2イニングを6安打7失点の大炎上。来日最短&最多失点でマウンドを退いた。3番手・中沢も3ランを浴びるなど、投手陣が大乱調だったチームは、6回までに15被安打で19失点した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ