本文へ移動

三山ひろし”ギネス2冠”に意欲!けん玉に続き「今度は大きなカブトムシを育てたい」

2020年7月28日 19時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
自宅で飼育したカブトムシをファンにプレゼントした三山ひろし

自宅で飼育したカブトムシをファンにプレゼントした三山ひろし

 演歌歌手の三山ひろし(39)が28日、東京・南青山のレストラン駐車場でカブトムシのお渡し会を開いた。
 趣味の一環として自ら育てたカブトムシをファンにプレゼントするイベント。昨年に続き2回目の実施で今年はオス、メスのつがい25組50匹を抽選で選ばれたファンにプレゼントした。三山は「生きものからパワーをもらって、明日も頑張っていこう、という気持ちになっていただければうれしいです」とアピールした。
 得意のけん玉では、「大皿」と呼ばれる技で124人連続のギネス世界記録を保持中。「今度は大きなカブトムシを育てて、カブトムシでもギネス記録に挑戦したい」とギネス2冠獲得に大張り切りだった。
 今年は新型コロナウイルスの影響で仕事も激減した。「コロナの影響で図らずも、カブトムシの標本作りにも挑戦できました。出来上がった標本を見ながら、お酒を1杯やるのが楽しみで」と笑った。
 コロナでコンサートなどが延期や中止になる中、なんとか生の歌声を届けたい、とライブ配信も試みている。「新しい生活様式のもとで、安全に楽しんでもらえるコンサートのかたちを作っていかないといけないと思っています」と話していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ