日産、コロナで赤字6700億に 21年3月期、2波なら下振れも

2020年7月28日 19時23分 (7月28日 20時02分更新) 会員限定
 日産自動車グローバル本社=横浜市

 日産自動車グローバル本社=横浜市

  •  日産自動車グローバル本社=横浜市
 日産自動車は28日、2021年3月期の連結純損益が6700億円の赤字になるとの見通しを発表した。赤字は6712億円の巨額の純損失を計上した前期に続き、2年連続となる。新型コロナの感染拡大による販売不振が要因。予想はコロナの第2波到来がないことを前提としており、感染状況によっては業績がさらに下振れる可能性がある。
 売上高は、日米中など主要市場の需要が軒並み落ち込むことで前期比21・0%減の7兆8千億円を見込む。販売台数は16・3%減の412万5千台と予想した。
 20年4~6月期連結決算は、純損益が2855億円の赤字(前年同期は63億円の黒字)に転落した。

関連キーワード

PR情報

経済の最新ニュース

記事一覧