せんだみつおとプロレスラーの「せんちゃんいとちゃん」熱演も突破ならず 「キングオブコント」1回戦

2020年7月28日 15時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイムオーバーで暗転した舞台で演技を続けた「せんちゃんいとちゃん」のせんだみつお(右)とカーベル伊藤=(C)TBS

タイムオーバーで暗転した舞台で演技を続けた「せんちゃんいとちゃん」のせんだみつお(右)とカーベル伊藤=(C)TBS

  • タイムオーバーで暗転した舞台で演技を続けた「せんちゃんいとちゃん」のせんだみつお(右)とカーベル伊藤=(C)TBS
 真のコント王を決める「キングオブコント2020」の1回戦がこのほど終了し、お笑いタレントせんだみつお(72)とプロレスラー・カーベル伊藤(49)で結成した話題のコンビ「せんちゃんいとちゃん」は敗退した。昨年、初出場したタレントのオスマン・サンコン(71)と大竹真一郎医師(52)のコンビに元駐日ベナン大使のタレント・ゾマホン・ルフィン(56)が加わった「お医者さんコンとゾマホン」も1回戦突破とはならなかった。
 せんちゃんいとちゃんは会場を沸かしたものの、2分間のネタ披露時間を超え、警告アラームが鳴っても終わらず、最後は舞台が暗転し、スタッフに促されてステージを降壇した。せんだは「照明のトラブルかと思った」と話し、2分間の規定に「だって5分で作ったネタだから。誰も教えてくれなかったし」と笑いを呼んでいた。
 2回戦は29日スタートする。決勝は今秋TBS系で放送される。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ