【滋賀】県内で新たに2人感染 彦根市立病院の一般病棟の男性重症に 

2020年7月28日 05時00分 (7月28日 13時33分更新) 会員限定
 県内で二十七日、彦根市の三十代の会社員男性と、大津市の二十代の会社員女性の二人の新型コロナウイルス感染が確認された。彦根市の男性は重症で、人工呼吸器による管理が必要な状態という。県内での感染者確認は九日連続で、計百五十五人となった。
 彦根市の男性は二十二日に発熱。二十五日夜に自宅で転倒して後頭部に外傷を負い、彦根市立病院の救急外来を受診した。一般病棟に入院したが、診察でコロナウイルスの感染が疑われたため、翌朝に感染症病棟に移して検査を行い、二十七日に陽性が確定した。
 同病院はホームページに経過を掲載し、院内感染の可能性は低いとした上で、感染対策を講じて、通常診療の維持に万全を尽くすとしている。
 大津市の女性は軽症。勤務先が大阪府で、本人への聞き取りでは、二十日に大阪市で一緒に食事をした友人の感染が判明しているという。 (芳賀美幸)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報