波瑠、2年ぶり”復職”に緊張感も…『未解決の女』シーズン2「実現されてうれしい」

2020年7月27日 20時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
制作発表に臨んだ(前列左から)工藤阿須加、鈴木京香、波瑠、沢村一樹、(後列左から)皆川猿時、谷原章介、遠藤憲一、山内圭哉

制作発表に臨んだ(前列左から)工藤阿須加、鈴木京香、波瑠、沢村一樹、(後列左から)皆川猿時、谷原章介、遠藤憲一、山内圭哉

  • 制作発表に臨んだ(前列左から)工藤阿須加、鈴木京香、波瑠、沢村一樹、(後列左から)皆川猿時、谷原章介、遠藤憲一、山内圭哉
 女優波瑠(29)主演のテレビ朝日系ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(8月6日スタート、木曜午後9時。初回は午後8時)の制作会見が27日、東京・六本木の同局で行われた。
 会見は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、キャストと取材陣の会場を分けた、リモート形式で実施された。
 ドラマは文字を糸口に未解決事件を捜査する、波瑠演じる熱血刑事、矢代朋らの物語。2018年にシーズン1が放送され好評を呼んだ。
 2年ぶりに“復職”する波瑠は「前回は居心地がいい、楽しい現場で終わるのが寂しかった。シーズン2があったらいいな、と思っていたのが実現されてうれしいです。同じ役に戻るのはハードルを上げないとという緊張感もありますが、違うアプローチで新鮮な気持ちで取り組んでます。あまり自由に動けない世の中になったので、この夏はお家で過ごす方にこのドラマで盛り上がってもらえたら」とアピールした。
 感染対策のため、撮影現場でもフェイスシールドやマスク、ソーシャル・ディスタンスは必須に。矢代の相棒、鳴海理沙役の鈴木京香(52)は「マスクをしていると、共演者とおしゃべりしていも声が聞こえづらい。でも距離を保ったりすることで、相手を知りたい、理解したいという気持ちも強くなって、今回は共演者との新たな一面も築けているような気がします」と思わぬ“対策効果”も披露。ほかに沢村一樹(53)、谷原章介(48)らが共演する。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ