本文へ移動

専門家がJリーグとNPBに3つの追加対策提言、名古屋・宮原ら3人コロナ感染による広島戦中止を踏まえ

2020年7月27日 18時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルス対策連絡会議後に会見するJリーグ・村井チェアマン

新型コロナウイルス対策連絡会議後に会見するJリーグ・村井チェアマン

 日本野球機構(NPB)とJリーグが合同で設置した新型コロナウイルス対策連絡会議が27日、オンラインで開かれ、名古屋でDF宮原和也(24)ら3人が新型コロナウイルスに感染して26日の広島戦(エディオンスタジアム広島)が中止になったことを踏まえ、専門家チームが3つの追加対策を提言した。
 広島-名古屋の中止から一夜明け、専門家チームの三鴨廣繁教授(愛知医大)が「今回の事例を参考に、日本のスポーツ文化を守るため一歩前進できれば」として、Jリーグ、NPBに対して3つの追加対策を提言したことを明かした。
 1、移動中の飲食自粛 三鴨教授によると、今月23日にアウェーの試合会場だった大分から名古屋へ戻る新幹線車内で、宮原の隣に座っていたチーム関係者がマスクを外して弁当を食べていたことが分かり、行政サイドから濃厚接触者に該当する可能性を指摘されたという。
 三鴨教授は「選手、スタッフの移動の際の食事を可能な限り避けていただくのは選手自身、リーグを守るために重要」と話した。
 2、独自検査の規定化 Jリーグは2週に1度、各クラブの選手、スタッフ、チーム関係者にPCR検査を実施している一方、今回の中止は名古屋の独自検査の結果によるものだった。
 三鴨教授は「自主的なPCR検査の方向性が示されているわけではない。検討に入っていただければ」と正式なガイドライン化を求めた。
 3、濃厚接触者の特定が間に合わない場合 25日午後10時ごろ、MF渡辺柊斗(23)とトップチームのスタッフ1人の感染が新たに確認され、26日午前から保健所による濃厚接触者の特定作業が始まった。だが、同日夜の広島戦までに特定できない見通しとなり、同日午前11時に中止が決まった。
 三鴨教授は「行政の(濃厚接触者の)リストアップが遅れた場合にどうしていくかをマニュアルに記載してはどうか」と助言。舘田一博教授(東邦大学)は「よりスムーズに試合を続行できるシステムをどう考えるか。再考するきっかけに」と呼び掛けた。村井チェアマンは「あらかじめ整理しておく必要がある。検証を重ねながら取りまとめたい」と応じた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ