本文へ移動

市川海老蔵、本人役でキムタクと3度目共演 30日放送、テレ朝系ドラマ「BG」最終回ゲストで登場

2020年7月27日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「BG~身辺警護人~」の最終回で本人役の市川海老蔵を警護するボディーガード役のキャストら。中央左から木村拓哉、間宮祥太朗、海老蔵、菜々緒、斎藤工

「BG~身辺警護人~」の最終回で本人役の市川海老蔵を警護するボディーガード役のキャストら。中央左から木村拓哉、間宮祥太朗、海老蔵、菜々緒、斎藤工

  • 「BG~身辺警護人~」の最終回で本人役の市川海老蔵を警護するボディーガード役のキャストら。中央左から木村拓哉、間宮祥太朗、海老蔵、菜々緒、斎藤工
  • 3度目の共演を果たした木村(左)と海老蔵
 俳優の木村拓哉(47)が主演するテレビ朝日系連続ドラマ「BG~身辺警護人~」新シリーズの最終回(30日午後9時)に、歌舞伎俳優の市川海老蔵(42)が本人役でゲスト出演する。木村と海老蔵の共演はTBS系連続ドラマ「MR.BRAIN」(2009年)、映画「無限の住人」(17年公開)に続いて3度目となる。

ドラマ「MR.BRAIN」、映画「無限の住人」に続いてのタッグ


 私生活でも親交の深い2人。前シリーズからこのドラマに注目していた海老蔵が、木村に「ゲストに呼ばれなかったのが、ちょっと残念です」と連絡し、木村も「そんなことを言ってくれて、ありがとう」と返信していた。すると、プロデューサーから“誤差なし”で最終回ゲストが海老蔵だと知らされ、木村は「マッチしたなぁ!」と大喜びしたという。
 海老蔵は、島崎章(木村)をはじめ、高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)ら前シリーズからおなじみの最強ボディーガードチームに警護されながら、とある賞の授賞式会場へ向かうシーンに登場する。
 リハーサルでは、台本通りに報道陣が取り囲むレッドカーペットの上を足早に歩いた海老蔵だったが、本番では報道陣をバックにスマホで自撮り撮影を開始。実は撮影の合間の木村との会話の中で生まれたアイデアだったという。
 木村は「『市川海老蔵役なんだから、SNSにアップする写真とか撮っちゃえばいいじゃん!』と提案したら、彼もイタズラ好きだから、実際にやってくれたんですよ。本番を撮り終わった瞬間は、2人でこっそり目を合わせてOKサインを出し合いました」とニヤリ。スタッフや共演者らも大ウケだったという。
 海老蔵も「ご一緒するたびに思うのですが、木村さんは役作りと申しますか…役に対する存在の仕方や距離感が独特なんですよね。今回も、ボディーガードの木村さんと直接お会いするのは初めてでしたけど、変わらない役へのスタンスを目の当たりにして、懐かしさを感じると同時に、うれしかったです!」と大満足の様子だった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ